毎月100万円の赤字パーソナルジム店長が開業失敗の理由を語る

どうも!パーソナルトレーナー商売繁盛コンサルタント安沢です!!

最近筋トレブーム、健康志向という流行りと、起業しやすい業種でもあることも相まってパーソナルジムを開業する人が増えてきましたね。

パーソナルジムというとマンションの一室でも手軽に、気軽にできてしまいます。器具がなくても指導できてしまいますし、器具も最低限あれば問題なくできてしまいます。

さらに、資格がなくてもできてしまう!!

といったことから、手を出しやすいんですよね。

しかし、開業に興味がある人なら聞いたことがあるかもしれませんが、開業後1年後に残っている確率は50%、10年後を見るとわずか10%です。

開業、独立しても90%が失敗していると言う事なんですよね。

では独立・開業前に本当にすべきことは何かを「パーソナルトレーナー商売繁盛コンサルタント」安沢明也が当時、毎月100万円前後の赤字を出していたパーソナルジムの店長として立て直しを行ったときに、なぜこれまで経営失敗していたのか原因を分析し、経営を失敗しないために開業前に本当にしておかなければいけない事をお伝えしていきます!

悩みをよく相談されることランキング・ベスト3

私がコンサルをやっていて、よく相談されることをランキング形式で出してみました。

➀開業にかかる資金・費用の悩み

開業にかかる資金・費用。

勿論とても大事な所です。

・物件の広さはどのくらいで家賃はいくらかかるのか?

・内装はどうするのか?

・トレーニング器具はどの程度準備するのか?

などなど

お金を掛ければいくらでも見た目の良いパーソナルジムが作れます。

では、それらにかけたお金回収できるんですか?

ってところです。

これ、当たり前のことですよね。

私が店長をしていた毎月100万円の赤字を出すジムは、1000万円を掛けたリニューアルを行い、内装からトレーニング器具に至るまでオシャレでキレイなものに変えました。

結果どうだったのか?

はっきり言ってお客さんは増えるどころか減りました・・・

内装、器具を良いものにするよりももっと大事な所を見落としていたからです。

1000万円もかけてリニューアルしたのに、お客さんが増えないんですからかけたお金を回収できない、利益がいつになっても出ないと言う事です。

ある程度の「資金繰り予定表」を作っておくべきですね。

難しく考える必要はありません。

開業にいくら費用(家賃、内装費、器具、人件費などの経費、数か月の運転資金など)が掛かるのか

そして1か月の売り上げ見込みを考えていけば資金繰りがうまくいくかが何となくわかるはずです。

足し算、引き算の話です。(笑)

でも、私がジム立て直しで学んだことはそこではないんですよね・・・

②立地の問題

「立地」も大事ですよね。

交通アクセスの良さ、その地域の人口の多さ、年齢層、収入、住んでいる人の趣味嗜好の傾向。

などが重要になってきます。

ここはリサーチすることが大事です。

立地が良くなればなるほど家賃は高くなりますから先ほど話した「資金繰り予定表」で資金繰りがうまくいくのか見て考える必要があります。

どんな「立地」が良いのか?

乗降者数が多い駅前の一等地?

当時私のパーソナルジムがどこにあったのかと言ったら、横浜駅から徒歩10分かからない場所ですからとても良い立地でした。

家賃は高いのですが、立地が良いので人は沢山いますから来て続けてくれさえすれば利益を出すことができます。

ぼちぼち新規でお客さんが来てくれるのに

でも、赤字なんですよ・・・

やはり、何か他にもっと大事なことがあるんですよね・・・

③集客方法

「集客」はかなり重要です!!

いくら「開業にかかる費用・資金」を考えても

いくら「立地」のことを考えても

お客様が来てくれなければ、お金は底をついて廃業せざるを得なくなってしまいますよね。

どんなに良い立地にお店を構えたからと言って

どんなに良い内装にして、最新の器具を揃えたからと言って

黙っていてもお客さんが来てくれる時代ではないんです!!

全てはお客様が来てくれなければ話にならないんです。

「集客」がうまくできないとお金が入ってこない!!

あたりまえのこと言ってますね・・・笑

当時、私のパーソナルジムでは集客がうまくいっていなかった・・・

訳ではないんですよね

色々と試しました。

ポスティング、折込チラシ、ティッシュの街頭配り、バス内広告、電車内広告、駅構内広告、飛び込み営業、SNS集客、ネット広告・・・

お金がかかるもの、かからないもの、ありとあらゆるものをやりました。

お店にとって「集客」=「命の水」です。

水がなければ生き物は死にます。

もし、砂漠で水がない状態なら水を探すのにどのくらい時間を掛けますか?

おそらく8割以上を費やすのではないでしょうか?

なぜなら命にかかわるからです。

「集客」は生命線であって重要項目なんです。

では「集客」に割り当てる時間どのくらい使っているか?という話です。

私の感覚だと色々やることがある中で「経営者」「パーソナルトレーナー」が集客に割いている時間は

1日の中で、1週間の中で・・・2割くらいと答える方が多いですね

集客は経営において生命線なのにそれで大丈夫なんですか!?

という感じです。

「色々情報が出回っているから、何から手を付けて良いのか分からない・・・」

「面倒くさい・・・」

「時間を掛けて頑張っても成果につながるかどうかわからないからあまり取り掛かりたくない・・・」

「自分なりにSNSをやってみたが、どれも集客につながっていない・・・」

なんて答えられる方が多いです。

廃業の理由で最も多いのが「業績不振」です。

収益が悪くなる=集客がうまくいかない

ということです。

「悩みランキングに出てこない」多くの方が気づいていない開業前にしておくべきこととは

実は私が今回お話ししたいことは別にあるんです。

「開業資金・費用」「立地」に関してですが、しっかり計画できていて当たり前なんです。

今の時代ネットで調べればすぐに出てきます。

そして「集客」

なかなか難しい所ではあるのですが当時「集客」にかなり力を入れていたので

「集客」はそこそこできていたんです。

それなのになぜ赤字が続いていたのか?

ってところです!!

「集客」の前に本当に重要なのは・・・

お客様にいかに選んでもらえるか=継続してもらえるか

なんです。

10年以上前と比べると1日に人が目にする情報量は530倍以上だそうです。

お客様からしたらどのパーソナルジム、パーソナルトレーナーも同じように見えているという事なんですね。

要するに

お客様は選べない!

お客様をうまいこと集めて、「カウンセリング」「体験」をおこなっても続けてくれなければ意味がないんです。

突然ですが、これは何でしょうか?

「ざる」ですね(笑)

あなたが売っている「パーソナルトレーニング」が、どこのジムでもやっているような特徴のない、魅力のない「パーソナルトレーニング」であればどうでしょうか?

やってみようとなんて思ってくれませんよね。

集客しても売っている「パーソナルトレーニング」が「ざる」のような商品であれば、その穴からせっかく集めたお客様は抜けていきます・・・

ではどうしたらよいのか?

これです!!

「高級な壺」!!笑

を作り上げることをすべきなんです。

そうすれば、沢山の「パーソナルトレーニング」の中から

お客様はあなたの「パーソナルトレーニング」に興味を持ってくれて

お客様は自然と集まってきてくれて、しっかり継続していただくことができるんです。

ただし、勘違いしてはいけません!

お金をかけて内装をよくする、最新の器具を揃える。

といった事ではありません。

開業する場所はどこで

その周辺に住む人

集まる人はどんな趣味趣向で

何に悩んでいて

どんな風になりたいと思っているのか

などを踏まえた上で

それを満たしてあげられる「パーソナルトレーニング」という商品を作る必要があると言う事です。

最も多い過ち、勘違いが「独りよがり」です。

「私はこの分野が得意だからこんなパーソナルジムをやりたい」

ではなく

「お客様が求めているもの」

を提供する。

お客様のことを考えない商売は成り立たないんです。

まとめ

開業前にしておかなければいけないこと

➀商品作り

魅力ある、他社競合と差別化されていて、且つお客様にニーズがある「パーソナルトレーニング=商品」作り

②集客の仕組み化

商売にとって生命線になるのは「集客」です。集客力を高め仕組み化することで収入を安定化させる。

この二つがとても重要で、この準備ができていないまま独立、開業するということは、まさに自殺行為と言っても過言ではないでしょう!!

因みに、オンラインでも共通するところですね。

お客様に選んでもらうためには魅力ある「商品」「WEB集客」が重要になってきます。

これからパーソナルジムの独立、開業を考えている方の少しでも参考になればと思います!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です